ニキビ治療には塗り薬以外にも方法があります

皮膚科でのニキビ治療は、軟膏などの塗り薬を用いる方法です。
ニキビ外来を設置している皮膚科では、塗り薬を用いない治療法があります。塗り薬を処方しない方法は、ホルモン療法があります。

ニキビができる原因のひとつにホルモンバランスの乱れがあります。
男性ホルモンが過剰に増えることで、皮脂の過剰分泌となりニキビが発生します。

OKWaveについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

男性ホルモンを抑制する女性ホルモンを補給することで、ニキビの発生や悪化を防ぐことができます。

女性ホルモンの薬や、女性ホルモンと似た物質のイソフラボンなどを投与して体内のホルモンバランスを女性ホルモンを優位にし、にきびの原因となる男性ホルモンの働きを抑えます。
ホルモン療法の他に、面皰圧出、レーザー治療、ピーリング、注射、点滴、イオン導入などの施術があります。

面皰圧出は、白にきびの処置で、専用の器具でにきび内部の皮脂や膿などの内容物を取り除きます。

ピーリングは、皮膚表面に薬剤を塗布して、古くなった角質や毛穴の汚れなどを溶かして除去します。

ニキビの治療について詳しく説明しています。

にきびの毛穴詰まりを取り除いて治癒を早めたり悪化を防ぐことができます。

酸性の薬を塗るため、刺激は強いため敏感肌や炎症を起こしている場合には適しませんが、角質などを取り除くことができるため、新陳代謝も活性化して綺麗な皮膚が生まれやすくなります。

にきびの治療にはいくつか方法がありますが、ホルモン療法は、にきびの根本原因を取り除けるメリットがあります。



この施術を受けるには、にきび外来が設置されている皮膚科を受診する必要がありますが、根本的ににきびを解決するなら施術をうける価値はあります。